【Pawsome】はSNSで海外の猫好きさんがよく使う「にゃん英語」

【Pawsome】はSNSで海外の猫好きさんがよく使う「にゃん英語」
【Pawsome】はSNSなどで海外の猫好きさんが使うにゃん英語のひとつで、かなりの頻度で使われています。

【Pawsome】は、2つの単語がブレンドされた造語で、どのような意味でつかわれているのかを説明いたします。

 

Pawsomeとは

【Pawsome】は、paw + awesome がブレンドされた猫英語です。

pawは「肉球」
awesome は「最高!」

という意味で、海外の猫好きさんの間ではAwesomeの「Awe」をPaw(犬・猫の肉球)に置き換えて「awesome/最高!」という意味で使われています。

例文

キミ最高!
You are a Pawsome!

今日どうだった? 最高だったよ!
How was today? Pawsome!

SNS上で今日の調子を聞かれた時は、猫好きさん同士ならこんな風に返事をしても通じます!

Instagramやtwitterでは、#pawsome のハッシュタグも使われています。

猫ちゃんの可愛い写真が投稿されていたら pawsome と一言コメントをつけられているのも多く見受けられます。

もしとても素敵な写真を発見したり気に入った投稿を見かけたら、【PAWSOME】のように全てを大文字にしてすごく気に入った!という気持ちを表現することもできます。

ハッシュタグ【#pawsome】を投稿に付け加えたり、面白い猫写真にPawsome!とコメントしたり、ぜひ英語のにゃんご、pawsomeを使ってみてください。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

Leave A Reply